東海染工株式会社

company_title

企業行動指針

企業行動指針は、東海染工及び東海染工グループの全社員が、共通の目的を目指して価値を共有し、社会的役割と責任を果たしていく為に制定したものです。
今後どの様な考えで企業活動を行っていくのかを示した「企業理念」、企業理念実現の為の具体的な行動のあり方を示した「行動規範」、直面する様々な問題に対して行動を起こす時の考え方を示した「行動基準」の三点から構成されます。

企業理念

私たちは、ひとびとの生活をより楽しく、快適にすることをサポートします。

行動規範

  1. 私たちは、お客様の満足と安心を第一に行動します。
  2. 私たちは、安全で環境を大切にするものづくりをします。
  3. 私たちは、法令を守り、不正を許さぬ風土づくりに取り組みます。
  4. 私たちは、一人ひとりの人権を尊重し、働き甲斐ある組織を築きます。

行動基準(スローガン)

〜迷ったらGO!変化をおそれず新しいことにチャレンジします。〜

事業活動における(基本的な)考え方

東海染工及び東海染工グループは顧客、取引先、株主、さらには社会全体との関係において、法令及び企業倫理を含む社内規定を遵守しながら事業活動を続けます。

企業倫理

● 基本行動
誠実に業務遂行をすると共に、社会的責任を自覚し、責任ある行動をとらなければならない。
● 法令等の遵守
法令および社会規範を遵守し、いかなる場合にも反社会的行為をしないものとする。
● 人格の尊重
関係者の人格を尊重し、いかなる場合にも、性別、年齢、国籍、人種、民族、思想・信条、宗教、社会的身分および身体的障害の有無により、差別を行わないものとする。
● 利害関係者
利害関係者に対して、いかなる場合にも公正かつ誠実に対応し、社会の批判を受けることのないように努めるものとする。
● 反社会的勢力への対応
社会の秩序および安全に脅威を与える反社会的勢力ならびに団体に対して、断固とした姿勢で対応しなければならない。
● 情報開示
会社の経営内容および経営情報を適時適切に開示し、利害関係者の理解促進に努めるものとする。
● 情報の保護
個人情報・重要情報を、社外はもとより社内においても不必要に流出させる行為を行わないものとする。

具体的な活動例

環境への配慮「地球環境に配慮したバイオマスボイラーを導入」

近年、地球温暖化が世界的な課題として注目されています。染色加工には多量の熱量を必要としますが、グローバル企業である東海染工では、他社に先駆けて重油を燃料とするボイラーから、バイオマス燃料を使用するボイラーに転換し、二酸化炭素の排出量を大幅に削減しました。再生可能なエネルギーの使用で地球環境への負担軽減に努めています。
環境への配慮「地球環境に配慮したバイオマスボイラーを導入」

安心・安全な商品作りの取組み 「加工メーカーとしての化学物質管理」

染色加工には多くの化学物質を使用します。「色」を出すための「色素」即ち染料や顔料も化学物質ですし、綿など天然物から余分なものを除去したり、着心地や機能を付与するために使う薬品にも多種の化学物質が含まれています。それら化学物質の安全性や環境負荷をしっかり把握し使い方を管理するのも私たち加工メーカーの責任の一つです。常に情報収集に努め、適切な使用方法を検討しています。たとえば、世界で最も多く使用されている合成染料の1つ「アゾ染料」。1990年代、一部のアゾ染料に発ガン性物質が含まれていることがヨーロッパで発表され、EU諸国を始め世界に規制が広まりました。日本では繊維業界での自主規制を2009年から行い、2016年4月には法制化されましたが、弊社ではより早くから情報を集め、使用染料の評価・見直しを続けて来ました。安心・安全な商品作りは加工メーカーとしての責務と考えています。
安心・安全な商品作りの取組み 「加工メーカーとしての化学物質管理」